postheadericon 実はお得な個人年金について

個人年金なのですが、支給されるのが定年後ということもありまして、加入するのは後からで十分だと考える人もいるかと思います。個人年金なのですが、支払い額よりも支給額が多くなる仕組みになっていますので、これだけでもお得な制度なのですが、保険会社によってはさらにお得なサービスを行なっていることがありますので、出来るだけ早めに契約をしておくことをお勧めします。

個人年金を早めに契約しておくメリットなのですが、利回りの関係で支給額が増える可能性があります。保険会社の方針にもよるのですが、保険会社は運用資金を海外の銀行などに保管しているところが多いのです。海外の銀行は、日本よりも高額の利子で運用していますので、個人年金の契約年数が長くなりますと多めに支給することが出来るようになるのです。

また他にも個人年金をお得に利用する方法なのですが、別の保険との複合商品を用意している保険会社もあります。個人年金プラス健康保険といったものに加入しますと、積立期間内に病院のお世話になりますと、治療費の補償をしてくれるという特典を受けることが出来ます。この様に個人年金は早めに加入しても良いと感じるメリットも用意されていますので、若いうちから加入して欲しいと思います。

postheadericon 終身保険の保障内容について

終身保険車は被保険者が亡くなってしまったり高度障害状態に陥ってしまった場合に、保険受取人に設定された遺族の方へ死亡保険金が支払われる保険商品です。

終身保険の保障期間は中途解約さえしなければその名の通り、一生涯で、被保険者が亡くなるまで保障されます。死亡時や高度障害状態となった時以外の保障も必要であれば特約として追加することもできます。

これまでは終身保険がメインで、別途大きな保障を確保するために定期保険特約や入院特約も付帯商品として販売されていました。しかし、特約になるので、基本的な保障は死亡、高度障害に限定されます。

近年では終身保険の保障内容も大きく見直しされ、保険料もだいぶ安くなりました。それもあって定期保険や医療保険は独立した保険として終身保険とは別に契約するのが一般的となりました。
これまでの保険では終身保険の払込期間である60歳、65歳で定期保険特約も終了することが多く、入院特約はほとんど80歳まで継続されましたが、終身保険の払込期間終了時に残りの保険料を一括で精算する必要がありました。

このように特約でいろいろと保障をつけることはできるものの、条件がついているので、終身保険とは別で独立して契約する方が良いでしょう。

postheadericon NISA口座を作るための手順

NISAを利用して少額投資を行うためには、まずNISA口座を作らなければなりません。では、このNISA口座というのはどのようにして作ることになるのでしょうか?ここでは簡単な手順について紹介していきます。

まず最初にやるべきなのは、ネット証券会社に総合口座を作ることです。ネット証券会社は現在かなり数が多く、会社によってシステムにも違いがありますから、どこを利用するのかをまず考えなければなりません。この時優先して考えるべきなのは、できるだけ投資手数料が安いところを利用するということです。NISAによって減免されるのはあくまでも税金部分であり、手数料は減免されませんから、ここが高いと結局利益を挙げるのが難しくなってしまうためです。

ネット証券に総合口座を作ることが出来たら、次はその会社からNISAに関する資料を取り寄せます。会社によって資料の内容には違いがありますから、細かい部分まで目を通すようにしましょう。あとは、必要事項を記入した上で提出することで、口座をNISA用に変更することが出来ます。

それほど難しい手順は必要ありませんから、始めようと思う人だけではなく、興味がある人も作るだけ作ってみるのは如何でしょうか。

NISAについて解説した人気コラムはこちら
「日本経済日記」http://www.prostate-removal.com/
口座開設前にぜひご一読を!

postheadericon 自分のために作る年金とは

年金なのですが、老後の生活を安定させたいのであれば自分だけの資産構築を行なうべきだと思います。老後に向けての資産構築の事を自分年金といいまして、定年した後の生活を考えますと非常に重要な考え方だといわれています。そのためには、色々な方法を試して老後に使える資産を今のうちから増やして欲しいと思いますね。

自分年金という考え方でもある通り、年金を増やす為に年金へ加入するという手段は有効です。国民年金という年金は誰でも加入しているような社会制度となっているのですが、この国民年金の支給額は8万円程度しか月に受け取ることができません。そのため、個人年金などの別の年金に加入しておけば、将来の月ごとの収入が安定しますので、出来る事なら加入しておくべきだと思います。

自分年金という言い方をしているのですが、老後の生活資金を生み出せるのであれば年金という形にこだわる必要はありません。例えば投資を積み立てておきますと、普通に貯金を行なうよりかは将来の資産を増やせる可能性が高まります。しかし投資は資産を失う危険性もありますので、その点を気をつけたいのであれば、投資信託などを業者に運用してもらうという手もあります。

postheadericon インデックス運用はどのような運用方法か

インデックス投資という資産運用はご存知でしょうか。インデックス投資はアメリカではとてもメジャーなのですが、日本ではここ数年で注目されるようになり、インデックス投資がいかに合理性のある投資方法なのか、ということに気付き始めた方が増えてきたようです。それではインデックス投資はどのようなものなのでしょうか。

日経平均225、TOPIX、ダウ指数など市場の動きを表す特定のインデックスと連動した値動きを目指す投資です。よく投資家の方々が日経平均やTOPIXを新聞やニュースで見て、今の日本の株式市場がどのような動きなのかを気にしています。いわゆる日本の株式市場の平均値になります。インデックス運用はこの市場の平均値と同じように動かして運用していきましょう、という運用方法なのです。

それとは別にアクティブ運用という運用方法もあります。これはインデックス運用と相反するように、市場の平均値を上回るように運営する方法です。

インデックス運用とアクティブ運用を比較するとアクティブ運用の方がメリットが大きいと思われる方も多いと思いますが、日本では現在のところ、アクティブ運用よりもインデックス運用の方が人気があります。

以下のサイトもチェックしておきましょう。
ファイナンス情報はこちらでGet!
豊富な情報量に定評があります。

postheadericon 投資信託で将来に備えよう

「老後」というのは決して他人事ではありません。自分自身の将来なのですから、とても大切なものではあるのですが、老後に対して不安を抱いている人が増えていると言われています。それもそのはず、老後の「頼みの綱」と言っても決して過言ではない年金がもはや当てにならない状況となっているのです。年金の紛失問題や、少子高齢化。これらから来る受給額の引き下げや受給開始年齢の引き上げ。このような話ばかりが行われているのですから、年金に関して希望を持てと言われてもそれは無理な話です。

だからこそ老後の問題は自分自身で何とかしなければならないのですが、投資信託で老後の資金を作っておくのも良い方法の一つです。投資信託は、投資によって運用し、資産を増やしてくれるものですから、銀行よりも断然利回りが良いのです。老後の資金作りの方法としてはとても素晴らしいものがありますが、一方では運用方法は投資になりますので、確実性という点ではどうしても劣ります。銀行であれば貯蓄するだけですが、投資信託の場合は任せたお金を投資で運用する事になります。どのような結果となるのかは証券マン次第という事になりますので、その点は弁えておかなければならないです。

postheadericon 「すべての卵を一つのカゴにいれてはいけない」

老後の資金を形成するために、積立投資を行いたいと考えている人はかなり増えて来ているのではないでしょうか?老後資金に対する不安は年金不安の拡大に比例する形で増加しているといえるでしょう。そのため、年金とは別に自分のためのお金を用意しておきたい人が増えているわけです。その方法として、積立投資というのは非常に高い効果を持っていると言えるでしょう。

投資というとリスクが高いように思われるかも知れませんが、積立投資は長期投資であるため、想像されるほどのリスクがあるわけではありません。勿論、投資先を一箇所とすると非常に高いリスクが生じることになりますが、積立投資は多くの場合何箇所にも並列して投資を行っていくことになります。投資に関する格言として「すべての卵を一つのカゴに入れてはいけない」というものがあります。これもこのことを指しており、投資先の分散が重要になります。

投資先を分散すると、もしそのうちの一つに問題が発生しても投資側に及ぶダメージが小さくて済みます。全体に対する影響を及ぼすような世界恐慌でも発生しない限り、全体がダメージを受けることがないため、リスクコントロールに優れているのが積立投資のポイントです。

postheadericon 家賃収入で資産づくり

資産づくりが難しい状況の中で、何とか老後の生活に役立つ資金を作ることができないかと考えている人は多いでしょう。

いま銀行の預金は低金利、株は景気が安定するまで不安定な状態で、株価下落や会社倒産といったリスクがあります。このような状態であると、将来において必要となる資金づくりがなかなか進まなくなります。そこで、安定しながらも、もっと高い利益が期待できる資産形成が求められるようになっているのです。

いま効率の良い資金形成方法として、投資が行われるようになり、不動産投資が注目されるようになっています。かつてバブル時代は土地の売買によって利益を上げていました。しかし、今では、このような方法では利益が期待できません。

現在は、不動産を賃貸して家賃収入を得るといたことが主流となり、景気がよくない今、賃貸による家賃収入は比較的に安定した方法としてきたいされるようになっています。この方法は、確実に収入が得られる方法として行なわれるようになり、賃貸による不動産投資は今後活用されるようになるとされています。

このように、不動産投資では、家賃による収入が安定しているため、資産づくりとして最適なものと考えられるようになっているといってよいでしょう。

postheadericon 資産運用はタイムイズマネー

タイムイズマネーという格言があります。日本では目の前の時間が大切だと言われていますが、これは時間をかければかけるほど、お金が増えるという意味も表しています。

資産運用に失敗する方には法則があります。それは急いで利益を出そうと考え過ぎてしまった上で行動をしてしまうことです。人間誰でも早く、たくさん儲けられるのであればみなさんそうしたいところではありますが、現実はそうもいきません。人の理性を曇らせ、リスクを無視して投資を繰り返すことで大きな損失を被ってしまいます。

もしも購入した株価が大幅下落してしまったらどうするか?失敗する方は損失をこれ以上広げたくないと考えて慌てて株を売却してしまいます。しかし、もう少し長期的に考えられる方であれば、株価の回復を待つ時間を持つことができます。当初の期待している収益や資産分散のポリシーに準じてスタイルを変えずにガマンすることができます。

株式投資は水物です。株価がグンと上昇することがあれば、一気に下落することもあります。そこで一喜一憂するのではなく、株式を購入した時に考えていたプラン通りになるまでひたすら待つことです。

資産運用は焦らず、慌てずを心がけたいですね。

不動産投資に関するおすすめ記事はこちら
「終わりの始まり」マレーシア不動産バブル