postheadericon 家賃収入で資産づくり

資産づくりが難しい状況の中で、何とか老後の生活に役立つ資金を作ることができないかと考えている人は多いでしょう。

いま銀行の預金は低金利、株は景気が安定するまで不安定な状態で、株価下落や会社倒産といったリスクがあります。このような状態であると、将来において必要となる資金づくりがなかなか進まなくなります。そこで、安定しながらも、もっと高い利益が期待できる資産形成が求められるようになっているのです。

いま効率の良い資金形成方法として、投資が行われるようになり、不動産投資が注目されるようになっています。かつてバブル時代は土地の売買によって利益を上げていました。しかし、今では、このような方法では利益が期待できません。

現在は、不動産を賃貸して家賃収入を得るといたことが主流となり、景気がよくない今、賃貸による家賃収入は比較的に安定した方法としてきたいされるようになっています。この方法は、確実に収入が得られる方法として行なわれるようになり、賃貸による不動産投資は今後活用されるようになるとされています。

このように、不動産投資では、家賃による収入が安定しているため、資産づくりとして最適なものと考えられるようになっているといってよいでしょう。

postheadericon 資産運用はタイムイズマネー

タイムイズマネーという格言があります。日本では目の前の時間が大切だと言われていますが、これは時間をかければかけるほど、お金が増えるという意味も表しています。

資産運用に失敗する方には法則があります。それは急いで利益を出そうと考え過ぎてしまった上で行動をしてしまうことです。人間誰でも早く、たくさん儲けられるのであればみなさんそうしたいところではありますが、現実はそうもいきません。人の理性を曇らせ、リスクを無視して投資を繰り返すことで大きな損失を被ってしまいます。

もしも購入した株価が大幅下落してしまったらどうするか?失敗する方は損失をこれ以上広げたくないと考えて慌てて株を売却してしまいます。しかし、もう少し長期的に考えられる方であれば、株価の回復を待つ時間を持つことができます。当初の期待している収益や資産分散のポリシーに準じてスタイルを変えずにガマンすることができます。

株式投資は水物です。株価がグンと上昇することがあれば、一気に下落することもあります。そこで一喜一憂するのではなく、株式を購入した時に考えていたプラン通りになるまでひたすら待つことです。

資産運用は焦らず、慌てずを心がけたいですね。

不動産投資に関するおすすめ記事はこちら
「終わりの始まり」マレーシア不動産バブル